• レースフェイス 【R-111】 ATLAS FR DIRECT MOUNT STEM ホワイト 【自転車】【マウンテンバイクパーツ】【ステム】
     
  • フリーコースターハブ【ARES RFC FREECOASTER HUB】メンテが楽なフリーコースターハブ/3/8軸フリコ
     
  • 日曜劇場『ー99.9 刑事専門弁護士ー』 上
     
  • 【送料無料】 I-O DATA アイ・オー・データ 【10%OFFクーポン 8/4 18:00 ~ 8/5 23:59】23.8型ワイド 液晶モニター WQHD対応 ブラック LCD-MQ241XDB
     

保障できる ケーンクリーク Creek Cane THUDBUSTER サスペンションシートポスト ST /-サドル

保障できる ケーンクリーク Creek Cane THUDBUSTER サスペンションシートポスト ST /-サドル

保障できる ケーンクリーク Creek Cane THUDBUSTER サスペンションシートポスト ST /-サドル


特長

Thudbusterは、他メーカーが採用している上下に動くテレスコピック式ではなく、特許取得のパラレルリンクシステムを採用。このシステムにより、テレスコピック式のデメリットの、ペダリング時に上下に動く違和感が大きく減少。下りでペダリングをしていない時の大きな衝撃には、しなやかにショックを吸収します。それにより、トラクションやコントロール性、そして快適性を得られることがメリットを生み出します。
Thudbuste LTは、ストローク76mmのロングトラベルバージョン。 付属のエラストマーを組み合わせることにより、体重と好みに合わせ調整できます。

Prallel-Linkage Technologyによりサドルは後輪に向けて違和感のない動きを実現。

自転車は路面の変化や衝撃によって独特でダイナミックな動きをします、そしてその一連の動きには終わりがありません。
ただ、はっきりとわかっているのは、路面からの衝撃に対しての自転車の動きは、後輪は前輪を中心として弧を描き、そして、前輪は後輪を中心とした弧を描いて動くことです。
路面からの衝撃は後輪を持ち上げて、後輪はライダーとサドルを上に、そして、前に押し出します。その時Thudbusterは、力を吸収するために、衝撃が来た方向(後部下方向)に向かって縮みます。つまり、Thudbusterは後部下方向へ動き自転車の動きを十分に吸収してくれるため、サドルの位置は変わらないのです。
逆にテレスコピックタイプのサスペンションシートポストは、シートチューブに沿ってしか動きません。路面からの衝撃は前述の通り前部上方向に向かうのに対しサスペンションの動く向きは衝撃の入力方向から50度以上も外れています。90度になると完全にロックアウトしてしまうのに対し50度なので、必然的に途中でロックアウト状態になってしまいます。
これではよりアクティブに動くThudbusterデザインに比べると効率的ではありません。

保障できる ケーンクリーク Creek Cane THUDBUSTER サスペンションシートポスト ST /-サドル

保障できる ケーンクリーク Creek Cane THUDBUSTER サスペンションシートポスト ST /-サドル

ページの先頭へ